読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HABIT

習慣を身につければ世の中の大体の事はうまくいく

メサイア・コンプレックスとは日本でいう天邪鬼のもうちょっと複雑なもの

虚栄心のかたまり 傲慢の方程式 なんで嫌われるかわからない 変えられるのは己と未来のみ メサイア・コンプレックス 逆説的論理のゴリ押し 自分の正体 虚栄心のかたまり 虚栄心とは自分を実質以上に見せようと、見栄を張りたがる心。虚栄心の強い人の周りに…

「執着性格者」という存在を知ってようやく自分が何者か分かった

今の自分を肯定する 執着性格者の特徴 当てはまりすぎて怖い 愛着性格者の特徴 憎しみの人は欲張り 世界に一つだけの花 著者は完全に言い切った 今の自分を肯定する 自分を好きな人は、自分の生い立ちや今ある自分を「よし」とする。この「今の自分」でいい…

自分の意志で何かを決断できなくなるメカニズム

惰性という悪魔の誘い 「当たり前」という恐怖の言葉 精神の安定を優先 情報処理が間に合っていない 「知ること」から始める 人生に無駄な事なんて一つもない 惰性という悪魔の誘い 学生時代はやりたい事とやるべき事の判断が出来ていなかった。いや、判断し…

年齢とともに減少するものリストに「知的好奇心」というのも追加させてください

無職チャンス 嬉しかった 夢の根本にあるもの 知的好奇心の塊 残された「知」 大人はやるべき事を優先する ファミリーコンピュータ 24時間では足りない やることリスト 無職チャンス 時間を持て余すとなんだか急に本が読みたくなった。こんなに自由に時間を…

生きている意味が分からなくなったらまた「クレイジージャーニー」を見ようと思う

一次情報に触れるのはたしかに重要だけれども 狂った旅行 人生の方程式 人それぞれの矛先 生きる意味 一次情報に触れるのはたしかに重要だけれども TSUTAYAに到着。たまたまテレビでちょっと見て気になっていた「クレイジージャーニー」のDVDを全巻借りた。…

それには呼び名がなかったから僕はそれを「中年無業者」と呼ぶ事にしたんだ

支配からの卒業 中年無業者 社会不適合者 食って寝るだけの生活 頂点の切っ先 一大決心 支配からの卒業 ついにギャンブルをやめた。通称、金賭自堕落無駄時間興奮遊戯からの卒業。そう、それはまさに「支配からのそつぎょう〜♪」尾崎豊が生きていれば、きっ…

十分な時間とお金をかけてショックを与えたら自分の本当の意志が見えてきた

一に仕事で、二に睡眠 三四がなくて、五にギャンブル 三冠達成 実験開始 セミリタイア疑似体験 預金残高100万円 他にも色々あったもん 覚醒の時 一に仕事で、二に睡眠 人生を振り返る。まず、何よりも仕事を最優先に考えて生きてきた。そして、その仕事のパ…

「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」

辿り着く先 やさしい人の定義 やさしさには二種類ある 自分の好きなものを見つける 辿り着く先 やさしい人は、人とふれあって生きている。 やさしい人は、「今が今」だと感じて生きている。 ふと、ホリエモンの言葉を思い出した。 「成功の秘訣は人に会うこ…

「やさしい人」に出会えて自分の中の何かが変わりそうな予感

求めていた本 直感を語る人 誘(いざな)われた 胸に刺さる言葉の数々 ドッグイヤー 幸せになるために 求めていた本 なんとなく立ち寄った近所の書店。店舗入り口にうずたかく積み上げられた売れ筋の本を、手当たり次第めくってみるが、どれもピンとこない。そ…

子供に対して敬語であいさつが出来ない大人の思考回路とメカニズム

とある朝の風景 理想とする形 ただ迷っているだけ 悪気はない 想像してあげる 自分中心で考えない 今日の積み重ねが明日になる 大人の責任だと捉える 無意識のうちに 敬語が使えない大人 偉いかどうかは誰が決める? ルーツを考えてみる 見栄の張り合い 常に…

今の状況を打破したい、何かを変えたいと悩む全ての人におくる刺激物十選

偉人達が教えてくれる 吉村実(吉村家創業者) クレイジージャーニー ロバートキヨサキ ジ・アウトサイダー ひろゆき(2チャンネル創設者) 武井壮 松下幸之助 サラリーマン金太郎 闇金ウシジマくん アルフレッド・アドラー 偉人達が教えてくれる もう終わり…

みんながみんな一様に「やりたい事を見つけた方がいい」というがそれはそんなに簡単な事ではないはずなんだが...

悩んだ末に やりたい事がない 「自分で選択しない」という考えの根幹にあるもの 自分の意思すらない 次のステージへ 「自分で選択する力」の圧倒的な欠如 なんとなく大学進学 「自分の意思」を知る 悩んだ末に 少しだけ何かが見えたような そんな気がしたよ…

幼少期に抱いていた本に対する恐怖心はものの見事に知的好奇心へと変換されていました

なぜ人は本を読むのか 忌み嫌う存在 本を読んだという証拠 本離れ 活字から得られる快感 本を読めない人 自己投資 なぜ人は本を読むのか 本が好きだから 知らない事を学べるから 賢くなりたいから そこに本があるから ワクワク出来るから 理由はいろいろ。 …