読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HABIT

習慣を身につければ世の中の大体の事はうまくいく

『ギャンブラーがどんな職種の人間よりも勤勉家である』という考えが微塵も揺るがない

f:id:get-habit:20160629111110j:plain

ギャンブルで生計を立てるという偉業

世間一般論で言えばギャンブラーとは遊び人のイメージなのかも知れません。でも実際にギャンブルで生計をたてられている人間がいたらどうでしょう。そうなれば、もはやこれは立派な職業という事になります。「ギャンブラーがどんな職種の人間よりも勤勉家である」とは、裏を返せば 「ギャンブラーは勤勉でなければ生計を立てられない」 という事です。 別にギャンブラーを擁護しようとしているわけではありません。 単純にそれが真実だと思うのです。

 

博打で生計を立てられる者≠ギャンブラー

ここでいう「ギャンブラー」とは一世一代の丁半博打を仕掛ける勝負師の事ではありません。あくまで統計理論に基づいた期待値を追いかける人達の事を指しています。この種の人間は総じてデータを蓄積して結果につなげるギャンブルを営みにしています。つまり、データのズレがいずれ自身の生命を脅かす事に直結します。となれば、そのデータの精度は凡人が辿り着けないレベルである事は言うまでもありません。

 

失敗が許されない場面が多すぎる

博打には険しくて不安定な道が多いです。だからこそ自身を律する場面が多くなり、より高度な技術と思考を要求されます。さらに己に負けない強い意志力が他の職種に比べて圧倒的に強固である必要があります。そして、どんな局面においても冷静な判断力が必要とされます。 また、こういう人種に共通して言えるのは「博打に興じる」なんて感覚は一切ないという事です。淡々と作業(仕事)としてこなしていくのです。

 

凡人が挑戦しようとすれば無理が生じる

私も過去に何度か挑戦していますが、とても生計を立てるまでには及びませんでした。 失敗の最大の原因は「結果のブレ」に対応できない精神力の弱さだと感じています。ある程度の期待値が分かっている博打の最たる例としてはパチスロがあります。天井の期待値や機械割の期待値など他の博打とは比べ物にならないほどにリターンが見込めます。とはいえ、結果を得る為には相当量の実践が必要になります。なので凡人は数回やって結果が出ない事で理性を失ってしまいます。

f:id:get-habit:20160629110537j:plain

 

どこまで耐えられるかが分かれ道

具体例で言えば、平均期待値5,000円の台に投資して-10,000円なんて事はよく起こります。さらに、これが3、4回と続く事もよくあります。

想像してみて下さい。

本来、4回で平均期待値が5,000円×4回=20,000円のはずが、

-10,000円×4回=-40,000円です。

その差はなんと60,000円...。

この事態を「結果のブレ」と捉えられるかどうかが分岐点と言えるのではないでしょうか。これは実体験からですが、ホールではこの状況に陥ると「結果のブレ」として受け止める事が出来なくなっています。頭に血が上ってしまい、その日の内に負け分を取り戻そうと期待値がマイナスの台でも関係なく乱れ打ちします。結果、傷口を広げてしまうというお粗末な結果が待っています。

 

「何とかなる」というイメージの恐ろしさ

一昔前のパチスロにおいては1時間で20万円勝ちも可能な機種もありました。今は色々と規制が入り、1時間で勝ててもせいぜい5万円程です。それでも過去に何度もとんでもない逆転劇を経験しているため、負け分を取り戻そうという愚行を止める事が出来ません。実際に当時(2002年)は知識も乏しい上にいい加減な立ち回りで、月に50万勝ちという事が何度もありました。しかも稼働時間は平日の会社帰りと日曜日だけです。これだけ稼げるならと会社を辞めてしまいました。その後、パチスロだけの生活を6か月間続けて消費者金融に200万の借金をした事はここだけの話にしておきます。

 

博打の魅力を冷静に考えてみる

博打とは「お金を払って非日常の体験が出来る行為」と言い換える事も出来ます。この非日常の世界では本来の対価以上の価値をそれに見合っていない労力で手に入れる事が出来る可能性があります。また、そういったあぶく銭を手に入れる想像自体が脳を痺れさせます。つまり、凡人はここを楽しんでいるのです。「勝てるか分からない状況で勝負して勝てたら嬉しい」という夢を見続けています。結果、負け組は期待値を無視した行為をやめられないのです。

 

リスクの正体を知る

「リスクが無いところにリターンは生まれない」 これはどちらかというと商売における教訓です。ギャンブルで生計を立てられる者は、リスクが何かを理解しています。博打におけるリスクと言われれば、単純に「かけ金」の事になるかも知れません。しかし、この手の人種にとってのリスクは情報収集の労力や時間にあたります。人生の時間は有限です。その貴重な時間をそれに使うべきかを冷静に判断出来る人間こそが「勝ち組」と言えるのではないでしょうか。