読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HABIT

習慣を身につければ世の中の大体の事はうまくいく

絶対に習慣にしておくべきレコーディングダイエットの第一歩

ダイエット

f:id:get-habit:20160615102601j:plain

ダイエット特集【第3弾】

第1弾『禁煙』

 

get-habit.hatenablog.com

 

第2弾『睡眠時間の確保』

 

get-habit.hatenablog.com

 

まだ、準備が整っていない方は焦らないでください。何か目標を達成する為には「気合い」や「根性」も大切ですが、何より順序立ててやる事で挫折や失敗のリスクを減らせます。確実にクリア出来た方は第三段階に移っていきましょう。

 急いでダイエットする必要はない

私がオススメしているダイエット法は短期間で結果を出したい方には不向きと言えるかも知れません。なぜなら、簡単な習慣を一つずつ確実に自分のものにしていく方法を推奨しているからです。また、時間をかけて習慣にする事で、あまり自分の脳に負荷をかけず(頑張らず)にすんなりと行動に移すことが出来ます。最終的には習慣に基づく行動を続ける事により、食事や体重に対する価値観を変えようというものです。

 

ダイエット失敗のメカニズム

「2か月で10kg痩せるぞ!」と意気込むから失敗するのです。別に短期間で高い目標設定だからという訳ではありません。理由は『2か月後をゴールに設定している』からです。モデルさんがスリムな体型でいられるのは、何も常に一般人の何倍も努力をしてダイエットを頑張り続けているからではありません。その体型を維持できる習慣を身に付けて実践出来ているだけなのです。

 

今、あなたはおなかがすいたらおなか一杯食べないと気が済まないとします。でも、10kg減のダイエットに成功した時に同じようにそう思うかどうかは現時点では断定できないのです。だから、その時を想像して今から苦しむ必要はありません。しっかりと時間をかけて「良き習慣」を身に付けましょう。

 

自身の適正体重を知る

前回のテーマであった「睡眠時間の確保」が出来たら、次は自分の「適正体重」を知りましょう。簡単に適正体重が分かるツールを見つけましたので下に貼っておきます。

 

www.diet-pinky.com

【年齢】→【性別】→【身長】を入力して【計算する】をクリックします。
これがあなたの「適正体重」です。紙に書いてよく目に入る壁に貼っておく事をオススメします。

 

習慣を身に付けるだけで勝手に脳が意識改革

こんな簡単な事で痩せてしまって恐縮です

大変お待たせしました、ようやくここからが本題です。頑張らなくても痩せられる方法、それはズバリ『体重の記録』です。あなたはどれくらいのペースで体重を量りますか。「年に一度の健康診断」や「気が向いた時」くらいのペースであれば『体重の記録』を習慣にする事はあなたにとって大きな意味を持つはずです。私もこれまで2~3日に一回位は体重計に乗っていましたが、毎日体重を記録するという習慣を身に付けるだけで2カ月で5kg痩せる事が出来ました。

 

年々注目を集めるようになってきた「体脂肪」

今は技術の進歩でかなりハイテクな体重計が登場しています。私の体重計は体重しか測れませんが、オススメは体脂肪も測れるものです。目標に出来る数値は多ければ多い方がモチベーションにつながります。

継続する事自体に大きな意味がある

毎日決まった時間に計測する

体重を量る時間帯は朝が良いと思います。朝はどうしても時間が無いという方は夜でもいいですが、気を付けるべきは日によって時間帯を変えない事です。体重は一日の中でも大きく変動します。体重が増えるタイミングで計測すると、無駄に自分のモチベーションを削ってしまいます。自分の体重がどういった行動で変化しやすいのか特徴を掴む為にも、「体重の記録」を始める前に計測する時間帯は決めておきましょう。

 

自分に合った記録の方法を見つける

毎朝、体重計に乗るだけでももちろん意味はありますが、記録する事でより効果を見込めます。ですので、自分に合った記録の方法を見つける事も重要です。私の場合は体重計の近くに紙とペンを用意しておいて測ったそのタイミングで記録しています。スマホやパソコンで直接データ入力が出来る方は後々都合が良いので断然そちらのやり方をオススメします。

 

グラフにしてさらにモチベーションアップ

毎日の体重測定と記録が習慣化してくると、自然と体重の変化が気になるようになってきます。そこで、オススメなのが『ダイエットクラブ』さんです。

dietclub.jp

会員数152,547人(2016年6月15日現在)
簡単な会員登録と体重を入力すれば体重グラフが作れます。

 結果が見えるというのは、モチベーションにつながります。実はこの体重の変化に意識が行くこと自体が『体重の記録』の狙いです。この意識が自然と体重を落としてくれます。

f:id:get-habit:20160615103045j:plain